アイフルの審査に通過できない場合の対処法

キャッシングやクレジットカードを利用すると個人信用情報というものが関わってきます。これは利用者の年収や勤務先情報、キャッシングやクレジットカードの利用状況などを記録しているもので審査の際などには大きな判断材料として参考にされます。

 

しかし、返済日が遅れてしまったり債務整理を行うとその記録が残ってしまうため会社からの信頼をなくし、審査に通過しにくくなってしまいます。個人信用情報は6ヶ月立たないと抹消されないため、されないミスにも気をつけるべきです。アイフルにはaiメールという返済日を知らせくれメールサービスがあるためこのようなサービスを利用し、延滞などを起こさないように心がけましょう。

 

アイフルのおすすめポイント

 

キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

 

アイフル

 

 

アイフルは安定した収入源の確保ができている20歳以上の方であれば誰でも利用することができますが、審査に通過するのがほぼ不可能になってくる方も存在します。それが以外の方たちです。

 

  • 専業主婦
  • 年金生活者
  • 無職
  • 居住年数が少ない方
  • 勤務先情報に間違いがあった方
  • 税込みの年収が不正確の方
  • 他社との借入も合わせ年収1/3以上の方
  • トラブルを起こしたことごある方
  • 3社以上で借入している方
  • 短期間に複数社に申込をしている方

 

以上のどれかに該当する方はアイフルへの申込を控えてたほうが良いでしょう。個人信用情報は審査に落ちた場合にもそれが記録として残ってしまうため、無理だと分かっていながら審査を受けることに何のメリットもありません。どうしても試してみたいという方は、まずアイフルのホームページで1秒診断を受けましょう。

 

アイフルの1秒診断

 

本審査に臨む前にアイフルのホームページで1秒診断を受けることをおすすめします。これは、念のため利用する人なら誰でも受けた方が良いでしょう。1秒診断とは生年月日や年収、他社での借入状況などを入力するだけで瞬時に仮審査が受けられるサービスです。アイフルの仮審査の特徴は合否を曖昧にしないことです。そのため「審査に通過できない」との結果が出た場合には本審査も控えるべきだと言えます。

 

アイフルに申込際の注意点

 

申込の際は申込書の記入ミスに十分注意してください。自分の生年月日や氏名でミスするわけがないと思いがちですが、実際にはこれらの記入ミスで審査に通過できない例はたくさんあります。特に注意が必要なのが勤務先情報です。勤務先情報は返済能力の有無に直結するため、ここでは誤字脱字などの記入ミスも大きく審査結果に響いてきます。もしも記入ミスが心配という方はネット申込がおすすめです。ネットで入力すれば些細な誤字脱字も起こりませんし、記入漏れがあれば申込は完了しません。初めての利用で不安な方などはネットを利用してみてはどうでしょうか?

 

正しい年収を申告しましょう

 

年収が多ければ返済能力があると判断されてしまうのはしかたありません。また、消費者金融であるアイフルには年収1/3以上の借入を規制する総量規制もかかるため年収が少なければ少ないほど限度額も少なくなってしまいます。そのため利用者の中には年収を誤魔化して申告すら人が意外にも多く見られます。しかしこのような嘘は簡単にバレてしまいますし、それだけの信頼も失ってしまいます。アイフルが求める安定した収入とは金額の多さではありません。嘘の申告だけはやめましょう。

 

他社の借入も申告しましょう

 

他社での借入があると審査に通過しにくくなるのは先程も記述しましたが、他社の借入を誤魔化して申告する方が審査には通過しにくくなります。個人信用情報には他社での借入状況も記録されているため、見れば一発でバレてしまいます。不安の方は、少なくとも借入を2社以内に減らしておきましょう。3社以上の借入があると申込ブラックと呼ばれる審査に通過できない状態に陥ってしまいます。

 

まとめ

 

アイフルは利用者を職種で区分することはありません。しっかりとした利用履歴と安定した収入源が確保できていれば審査に落ちることはまずありませんし、パートやアルバイト、派遣社員の方にも利用していただけます。虚偽申告や契約不履行を起こさずに、正しいアイフル利用を心がけましょう。

 

アイフルの申込みはこちらから

キャッシング申し込み前の金融機関分析

キャッシングと一口に言っても、銀行が行っているところもあれば、銀行系の金融会社、信販系の金融会社など、いくつかの種類があります。それぞれ違いがあるので、注意しましょう。キャッシングはその仕組みを理解することが重要です。仕組みがわかれば、自分に向いているキャッシングがわかります。

 

キャッシングをする場合、知っておくべきことは、どこがお金を融資するかということです。基本的には3種類あります。まず上げられるのは銀行自体が行っているキャッシングです。銀行と言うことで、借りる側にとってもすごく安心感があると思います。最近はテレビのコマーシャルなどで宣伝されることも多く、一般に普及してきた証拠と言えるでしょう。

 

次に上げられるのは消費者金融などが行っているキャッシングです。こうした消費者金融も大手は銀行系の系列会社になっていることが多いです。これらは銀行系と呼ばれることもあります。3つ目は信販会社など大手のクレジット会社が行っているキャッシングです。貸出額もかなり多く貸してもらえることがあるのが特色です。

 

それぞれの特色について

 

 

上記の3つに関しては、総量規制という観点から区分されます。この総量規制というのはその人の年収を基準にして、3分の1を超える額は貸し出さないという法的規制です。但し、銀行の場合は、この規制の対象外となりますが、銀行系は対象に含みます。

 

しかし、銀行は通常、かなり厳しい審査があるので、多額の借り入れは難しいのが実情です。借り入れに関して、どこがベストかと言うと、それぞれメリットとデメリットがあるので、一概には言えません。ですが、大まかに説明すると金利が安いのが銀行で、審査期間が短いのが消費者金融などの銀行系です。銀行系の場合、即日融資も期待できます。銀行は審査が厳しいので、時間が掛かると思っておいたほうが良いでしょう。信販系は全体としてメリットが低いと言われます。それは本業ではないという点にも理由があるようです。ただ審査が比較的緩く、銀行系では貸してくれない多重債務者が借りれることもあります。

 

これらの点から、総合的に判断すると、多重債務者以外は銀行、あるいは銀行系が良いと言えそうです。お金を借りたい時にはいくつもの会社を周ることもありますが、同時に複数社で審査を行うと、申込ブラックと言われる状態になることもあります。そうなると逆に審査が厳しくなるので注意しましょう。

 

消費者金融のおすすめならアイフルへ

 

まとめ

 

以上の点をまとめると、キャッシングについては、銀行、消費者金融などの銀行系、信販などクレジット会社の3つの種類があります。このうち、総量規制にかからないのが銀行と言うことになります。金利では銀行が低い金利となります。一方、審査期間では銀行系が早く、即日融資も可能です。お金が急ぎで必要な場合は銀行を避けたほうが良いと言えます。
キャッシングの申し込みに当たっては、同時に複数の審査になるのは避けましょう。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル