重視されるのは安定した収入です

アイフルの審査で最も重視されることは安定した収入源が確保できているかです。ここでの安定とは収入の多さではなく、月々しっかりと収入が確保できているのかという点です。そのためこの条件を満たした20歳以上の方であれば誰でも利用することができ、当然フリーターや派遣社員の方も例外ではありません。

 

しかしその反対に勤務日数が月に数回であったり、日雇いや水商売の方は収入が安定していると認められないためアイフルの利用は難しくなります。それでも、安定していることが重要なため在宅ワークで収入を得ている方でも利用できるケースも実際にあります。今回はフリーターや派遣社員の方がアイフルを利用するためのポイントを紹介していきます。

 

アイフルはスコアリングによる審査です

 

先程、アイフルで最も重視されるのは安定した収入と言いましたが、その他にも参考にされるポイントはいくつ存在します。実はアイフルでは、職種・年収・借入状況・家族構成・居住形態・年齢などを中心にスコアリングのような形で審査の合否を決定します。具体的に言うと、それぞれを数値化した時の合計が通過の合格点に達しているのかいないのかによって合否を決定します。そのためできるだけ1つ1つを確認し、対策が取れるものは取っておいたほうが良いでしょう。例えば借入状況に関して言えば、他社などで借入を行っている場合にはできるだけ減らしておくことが大切です。他社で借入を行っていると審査が不利になるとはよく言われることです。最低でも2社には減らして置きましょう。

 

申込書は正しく慎重に記入しましょう

 

申込書の記入は細かければ細かいほど良いと言えるでしょう。例えば連絡先を記入する際、携帯電話の番号だけ記入し固定電話の番号を記入しないのは、あまり得策とは言えません。またこのようなものに限ったことではなく、些細な記入ミス、誤字脱字にも注意してください。特に勤務先の情報は返済能力と直結するため、記入ミスがあると審査に大きく響いてしまいます。中でも1番悪いのは虚偽の申告することです。中には、より多くの借入をしたくて年収を多く申告したり、審査に通過しやすいようにと他社での借入を申告しなかったりする人も多くいます。しかしそういった虚偽は個人信用情報で簡単にばれてしまいますし、それだけの信頼も失うことになるため申込書は「正しく、慎重に」を心がけてください。

 

個人信用情報機関の照会

 

先程も記述しましたが、審査の際にアイフルは個人信用情報期間に照会を行います。現在の借入状況はもちろんのこと、過去の利用履歴やクレジットカード、携帯電話の分割払いについても確認できるため虚偽は通用しないと考えてください。また、短期間に複数の申込を行っていると個人信用情報にはその記録すら残っているため審査に通過し。中には「お試し審査」と謳いながらも申込としてカウントされる会社もあるため十分注意してください。

 

ブラックリストに注意

 

これはアイフルに限ったことではありませんが、過去に延滞や債務整理などを起こしているとキャッシングの利用が非常に難しくなってしまいます。たとえ1日の延滞であろうともその記録は個人信用情報に6カ月間残ってしまいます。延滞の記録がある方は、記録の抹消後に申込を行いましょう。しかし延滞が3ヶ月以上続いた場合や債務整理の記録は、抹消に5?10年の時間がかかり、「ブラックリスト」の状態になってしまいます。個人信用情報は合否を分けるポイントですので、トラブルだけは起こさないように心がけてください。

 

まとめ

 

安定した収入が確保できており、以上の点に注意していればフリーターや派遣社員の方でも簡単にアイフルを利用できます。正規雇用の方に比べると不利な立場であるとこは認めざるを得ませんが、安定した収入があれば大丈夫です。何らかの対策を挙げるとすれば、フリーターの方は勤務時間を増やしてみることをおすすめします。勤務日数が多ければ信頼を厚いです。派遣社員の方は収入証明証の提出がおすすめです。できるだけ最近のもの、直近2ヶ月以内のものが効果的ですので忘れずに準備してください。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル