計画性のある返済が大切です

他社の消費者金融と異なりアイフルは大手の銀行グループに属していないため独自のサービスを展開することができます。それがよく表れているのがアイフルの融資限度額です。アイフルでは最大500万円までの融資をうけることができます。この金額は他社を比較しても大きい金額です。

 

もちろん、これはアイフルとの信頼関係を築いていくことで利用できる限度額ですので、利用し始めの頃は10万?20万円からのスタートとなり、100万円以上の借入は難しいです。また、アイフルには融資額が大きくなるにつれて金利条件も低下していくと言われています。これらのように、アイフルで多額の借入を行うのは極一部なのでほとんどの利用者は金利による負担をあまり気にしていないと思いますが、返済が長期化すればするだけ支払う利息も増えていきます。利息を少なく抑えるためには早期の完済が重要です。

 

口座振替による返済

 

アイフルにはいくつもの返済方法があり、口座振替・口座振込・コンビニ支払い・自社、提携ATM・店頭窓口の中からより自分に合った返済方法を選ぶことができます。この中でも特におすすめなのが口座振替です。口座振替とは自動の引き落としにより自分の口座から返済を行う方法です。アイフルでは自分で返済日を指定することができ、給料日直後に設定しておけば残高不足になることも防げます。もう1つ、35日ごとの引き落としも選択できるため自分に合った方を選んでください。口座振替で最も魅力的なのは返済日を忘れてしまう心配がないということです。返済に不安を持っている方やキャッシング初心者の方には非常におすすめの返済方法です。

 

追加返済や一括返済はATMを利用しましょう

 

アイフルでは提携のコンビニATMやマルチメディア端末を利用して借入・返済を行うと、1万円以下の場合には108円、1万円以上の場合には216円の手数料がかかってしまいます。一見小さい金額ですが、積み重なると利息以上の出費になりかねません。普段は手数料のかからない口座振替を利用して追加返済や一括返済を行うと際はATMを利用しましょう。追加返済や一括返済を活用すれば、元金に割り当てられる金額も多くなるので早期の完済が目指せます。完済が早ければ早いほど支払う利息も減ってくるため、利息を気にする方は早期完済がおすすめです。ただ、一括返済を行う場合には利息の関係上、日ごとに支払う金額が変わってくるため会員様専用ダイヤル(0570-000417)で問い合わせてください。

 

アイフルの自社ATMを活用しよう

 

提携ATMなどを利用する場合には手数料がかかってしまいますが、アイフルの自社ATMには手数料がかかりません。ただ、アイフルの自社ATMの数は500台程で店舗の数も25店とどこにでもあるとは言えません。アイフルのホームページでは設置場所などを検索できるため、もしも住んでいる地域にある方は是非利用してみてください。それと、最近ではインターネットバンキングでの返済も一般化してきましたが、アイフルはネットバンキングに対応していないため注意してください。

 

毎月の返済額はしっかりと確認しておきましょう

 

アイフルは残高スライド元利定額リボルビング方式を採用しています。これは借入残高に応じて返済額が変わっていくものです。つまり返済を続け元金が減っていけば、それに合わせて毎月の返済額も減っていくということです。しかしその分、元金に充てられる額も減っていくということですので、返済が長期化する恐れもあります。毎月の返済額を把握し、余裕があるときは積極的に追加返済を行いましょう。

 

まとめ

 

アイフルの返済の仕組みについて分かっていただけたでしょうか?返済はできるだけ短期間で済ませた方が得策です。追加返済は、事前に連絡を入れたりする必要もないため余裕があると思ったら気軽に利用してみてください。また、口座振替に関してですが、これは事前に口座振替依頼書を送付する必要があり、アイフルが受領を行い40日以上経過した振替日から引き落としが始まるため、直ぐにでも利用したいと言う方は早めに手続きを済ませましょう。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル