利用履歴を積み重ねよりいっそうと活用しよう!

キャッシングは、昔に比べると大きな発展を遂げました。法改正や審査基準の緩和などがより多くのユーザーを獲得したのもまた事実です。今では、CMを見るだけでも多くの消費者金融を見かけ、その数も増え続けています。実は、そうした大手消費者金融のほとんどが大手銀行グループの傘下だということを知っていますか?

 

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの、プロミスは三井住友フィナンシャルグループの傘下にある消費者金融です。そのため、このような会社では提携銀行の自動契約機やATMなどが利用できることも特徴の1つとなっています。しかし今回紹介するアイフルはどの銀行グループの傘下にもおらず、それだからこそできる独自のサービスを展開しています。アイフルはそのようなサービスを支持され続け、今のような大手消費者金融の1つとなったのです。

 

アイフルの金利について

 

アイフルの金利は4.5%?18.0%に設定されています。これは消費者金融の金利からすると平均的な数字です。初めてアイフルを利用する際には上限金利が適用されるため18.0%での利用になると考えてください。消費者金融と銀行、銀行グループの最も大きな違いは金利です。銀行、銀行グループの金利は消費者金融に比べると断然低く設定されています。しかし、その分審査がとても厳しいため実際に利用できるのは一部の人と言っても過言ではないでしょう。

 

アイフルの限度額

 

限度額とは借入が可能な最大金額のことですが、消費者金融の平均的な限度額は300万?500万円と言われています。そんな中でもアイフルの限度額は500万円となっており多めの金額と言えます。しかし限度額は最初から500万円に設定されているわけではなく、ほとんどが10万?20万円でのスタートとなります。ではどのようにして限度額を増やせるのでしょうか?

 

アイフルで限度額を増やすには?

 

アイフルの限度額はほとんどの場合、10万、20万円でのスタートとなります。しかしこの限度額は増減が認められています。窓口や自動契約機、ネットの会員サービスからでも申込ことが可能です。申込をするために特別な条件などはないため誰でも行うことができます。しかし、限度額増額にも審査が必要になるため申込をすれば必ず増額がみとめられるわけではありません。そしてその審査の合否を決めるのがアイフルの利用履歴です。限度額の増額はアイフルと利用者の信頼関係で決まります。それが最も現れてしまうのが利用者の返済態度です。延滞をいたことがある人や債務整理を行ったことがある人などは返済態度が良いとは言えません。そのため限度額の増額は認められないでしょう。また、契約後1度も借入を行ったことがない人も増額は認められません。なぜならそれでは、信頼関係が築けていないからです。さらに、増額の審査でも年収の申告が求められるため増額するにもかかわらず年収が前回と変わっていない場合には通過するのが難しくなってきます。簡単にまとめると、増額するためには少なくとも過去半年程のクリーンな利用履歴と前回の申告時よりも増額した年収が求められるということです。

 

まとめ

 

アイフルは他社の消費者金融と違い、銀行グループの傘下にはいませんが、その分独自のサービス性を展開しています。そのためより自分に合ったキャッシングを受けることができ、利用者は無理のない借入を行うことができます。正直、金利や審査基準に関してはどこの消費者金融でも同じと言えます。もしも利用する会社で迷っているのであれば各々のサービス性で選んでみてはどうでしょうか?

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル