事故情報は一定期間登録されます!

「返済が遅れたせいで、ブラックリストに載ってしまったらどうしよう」と、いったようなセリフを聞いたことはありませんか?でも、ブラックリストってどこの誰が持っているの?って思いませんか。そもそも、ブラックリストというものは存在しません。

 

しかし、キャッシングの申し込みをしたり、クレジットカードを作ったりすると、申込者の情報が信用情報機関という所に登録されます。そして、返済遅延を繰り返したり、滞納をしたりといったことをしてしまうと、事故情報として信用情報機関に登録されます。事故情報が、信用情報機関に登録されることをブラックリストに登録されると、言っているだけなんです。

 

事故情報が登録されるケースとは

 

信用情報機関に事故情報が登録されてしまうと、一定の掲載期間にショッピングローンや、自動車ローン、住宅ローン、クレジットカードなどを申し込むことが出来なくなってしまいます。信用情報機関に登録されてしまう目安は、支払い予定日より3カ月支払いを滞納した場合や、自己破産、任意整理、特定調整、個人再生などをした場合などです。

 

重い事故情報は、5年〜10年信用情報機関に登録され続けます。また、1,2回程度の返済遅延であれば、大丈夫と思ってキャッシング会社に申し込みをすると思いの外、審査に時間がかかるなどの影響が出てきますので、気を付けましょう。事故情報として登録されてしまったからといって、勤務先で働けなくなってしまったり、結婚相談所に登録することが出来なくなるといったことには、なりません。消費者金融業者では、無担保・保証人無しでお金を貸す訳ですから、申し込み者が過去の取引において返済遅延や滞納、債務整理をしたことがあるなどの履歴の有無を確認したいのは、当然のことです。

 

滞納していないのに事故情報が登録?

 

初めてキャッシングを申し込みしたのに、何故か審査に落ちてしまい腑に落ちないと、感じたことはありませんか?もしかすると、クレジットカードの返済が滞っていたり、一度に複数のクレジットカードを申し込んだんでいませんでしたか?キャッシング会社では、信用情報機関から全ての情報を確認して審査を行っています。キャッシング会社ではクリーンな状態であっても、クレジット会社で不真面目な返済を繰り返していたり、不審がられるような複数のカードの申し込み状況などによって審査に落ちてしまうこともあるのです。

 

他にも、携帯料金の滞納や、借りた奨学金の返済を滞納、公共料金の滞納などでも事故情報として登録されてしまいます。公共料金なんて、関係ないのでは?と、思っていませんか。公共料金の支払いを、クレジットカードにしていて、クレジットカードの返済を滞納してしまうと、事故情報として登録されてしまいます。

 

結局自分に返ってくる

 

お金の貸し借りは、信用の上で成り立っていますので、信用の無い人には貸したくないですよね。それが商売であれば、本人確認や在籍確認、信用情報機関での情報などを確認して、融資の判断をするのは当然のことです。それから、借金問題を整理したくて、債務整理をすると、事故情報として信用情報機関に登録されてしまいます。債務整理を検討しなければいけない状態である時点で、事故情報になんらかの情報が登録されていることが考えられますので、将来に向けて、債務整理をするのも一つの方法です。

 

しかし、債務整理をしたからといって返済が楽になるわけではありません。また、債務整理をしたことで、不動産で安い賃貸に引っ越そうとしても賃貸の審査に通らなくなってしまいます。本当にお金が必要な時に、過去の事故情報のせいで、借り入れが出来ないといったことにならないようにしたいですね。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル